「たけ3号のボチボチいきまひょかぁ~!?」

目指せハワイ! Anything is Possible !  たけ3号のトレーニングダイヤリ~!
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
arsewe.jpg
いやぁ~暑い!今日は夏でした。午前中に多摩湖ラン。いい汗かきました!

さて・・・。一年に1本見るか見ないかの映画・・・。今日は「剣岳~点の記」を見てきました。

先週の皆生行きの飛行機の中で、新田次郎の原作も読み終え・・・。(新田次郎は学生時代に読みあさってましたが、「剣岳~点の記」は今回初めて読みました。)

すみません・・・ここからは否定的な表現になりますが、それが正直な感想なので勘弁して下さい・・・。

キャスティングにがっかり。自分で勝手に想像してしまっていた登場人物のイメージと、映画に出てきた人物が違いすぎて・・・。
本で描かれていた心情や情景、人間関係、その事象に至る過程・・・映画の枠に納めるのは難しいのでしょうけど、あまりにもショートカットしすぎ。
原作にない設定が勝手に書き換えられている。古田先輩は弓なんかやってないし、信(ノブ)はまだ未婚だし・・・その他諸々。
原作に出てきた人たちは、そんなに悪いヤツじゃない。ノブは血気盛んだけど若手のいいヤツだし、山岳会もあんなに嫌らしい性格の人たちではない。
それに・・・主人公の柴崎測量官は最初のアタックでは山頂に立ってない。山岳会のメンバーも直後に登頂していない。わずかな梅雨入り前の好天をついて初登頂した測量隊に対して、山岳会は機を逸して山を下りてしまっている。

映画をあまり見ない自分は、原作を映画化したときの違いをよく知りません。あえて違う設定にすることもあるでしょう。でも・・・原作は本当に素晴らしい。

もし、この映画だけしか見ていない人がいたら、ぜひ原作を読んでほしいと思う。

帰りに・・・新田次郎の本を1冊買って帰ったワタクシでありました・・・。

【今日のトレ】
ラン  18km(多摩湖1周ラン)
コメント
この記事へのコメント
原作読んでからの映画は・・・
原作を読んでからの映画にはいつもガッカリさせられているハリマネです。
この度の「点の記」は、読んでから臨まなかったので、結構満足しちゃったんですが、やはり原作とは違いましたか-・・・。
分野は違いますが、「ダビンチコード」や「チーム・バチスタの栄光」とか、やはり原作読んでから観た映画にはガッカリ。
原作の全てを映画に盛り込むことはきっと不可能なんでしょうね・・・だから端折ったり違うストーリーを入れてみたりせざるを得ないんでしょうね。せめてキャストが自分が思ってた人と同じだったら嬉しかったでしょうにね!
2009/07/28(火) 11:17:10 | URL | ハリマネ #CORclAOA[ 編集]
ハリマネさん
やっぱりそーですかぁ!仕方ないんですね・・・。映画をあまりみないもんで、その辺の感覚がわかりませんでした。でも、「あ~ここでこういうセリフを入れておけば・・・」、なんて思う場面がたくさんあって、なんだか集中できませんでした。キャストは、勝手に自分で作ったイメージが邪魔しちゃったので、「あ~この人なんだぁ~」って楽しめばよかったのかも・・・と反省しています。
あらためて感じるのは、「本(活字)って凄いなぁ~!」ということ。映画で見せられると、見た人全員が全員とも同じ映像を脳裏に焼き付けるけど、本を読んで情景をイメージすると全員が全員とも同じ情景を思い浮かべるわけではない。無限の広がりを感じます。たくさん本読みたいなぁ~と思うこの頃です・・・。
2009/07/28(火) 21:22:09 | URL | たけ3号 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。